2009年10月01日

国内最古、約12万年前の石器発見…出雲の砂原遺跡

http://news.www.infoseek.co.jp/topics/entertainment/n_investigation2__20090930_3/story/20090929_yol_oyt1t00928/

国内最古、約12万年前の石器発見…出雲の砂原遺跡 (読売新聞)
 島根県出雲市多伎町の砂原遺跡で、約12万年前の中期旧石器時代の地層から、国内最古とみられる石器20点が見つかった。

 同遺跡学術発掘調査団(団長=松藤和人・同志社大教授)が29日、発表した。これまで最古とされてきた遺跡よりも数万年さかのぼる可能性がある。

 石器は長さ5・2〜1・5センチで、材質は石英や流紋岩など。表面の状態から石を繰り返したたきつけるなどして加工したらしい。

 調査地は丘陵地の斜面にあり、今年8月、成瀬敏郎・兵庫教育大名誉教授(自然地理学)がナイフ状の石器1点を発見し、松藤教授らに調査を依頼。周辺を発掘したところ、19点が見つかった。出土地層のすぐ上の火山灰層などから、石器の年代を判断した。

 日本の前・中期旧石器時代については、「旧石器 捏造 ( ねつぞう ) 事件」で、存在がほぼ否定されたが、今回の発見は、同時代の研究を再構築する上で貴重な成果となる。



[ 2009年9月29日18時26分 ]
posted by 千景っちゅ☆ at 00:05| 広島 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | [この木何の木気になるNews] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月22日

<特亜news+>【日本海名称】韓国国会議員らが「韓国海(Sea of Korea)」へ総力戦。国際水路会議(IHO)へ攻勢も [01/22]

1 名前:犇@犇φ ★ 本日のレス 投稿日:2006/01/22(日) 16:16:37
与野党議員で構成された「民族精気議員の会」(会長:金希宣)は22日、「日本海(Sea of Japan)」を「韓国海(Sea of Korea)」に変えて行く作業を本格化した。

昨年「韓国海」という名称を取り戻すために総力戦をしようと決意したこの会は最近、東海の固有名称が「Sea of Korea」であることを説明する広報パンフレットを製作し、89ヶ国の在韓国外交公館に発送した。

会では、東海表記問題が独島領有権紛争とも無関係ではないとして、今年中に国会決議案採択を通じて「Sea of Korea」に対する国民的共通認識を形成し、専門家や市民社会団体などと共同で海外広報団を構成する予定だ。

会ではまた、世界地図製作の標準を用意する国際水路会議(IHO)の来年のモナコ総会でこの問題が 集中論議されると判断し、IHO理事長など主要人物との面談や国際展示会開催などを通じて、国際社会の認識向上にも尽力する計画だ。

▽ソース:Yahoo!Koreaニュース(聯合ニュース配信記事)(韓国語)(2006.01.22 14:42)
http://kr.news.yahoo.com/service/news/shellview.htm?linkid=4&newssetid=746&articleid=2006012214421624301

▽関連サイト:海上保安庁サイト 「日本海呼称問題」
http://www1.kaiho.mlit.go.jp/GIJUTSUKOKUSAI/nihonkai/


744 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 本日のレス 投稿日:2006/01/22(日) 17:26:27 d/9w8C3C
>「韓国海」という名称を取り戻すため
>「韓国海」という名称を取り戻すため
>「韓国海」という名称を取り戻すため

「東海」に盗まれていたんだなwww

732 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 本日のレス 投稿日:2006/01/22(日) 17:25:25 nrwD7HS7
ググったら面白い物見つけたぞw

18世紀のロシア地図、東海を「韓国海」と表記
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2002/10/02/20021002000029.html

こんな時代に韓国という国は存在しません。
本当にありがとうございました


( Д) γ。γ゜
sugeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee!!!!!1111!1111!!!!!!!!!!!
いやー。最近は面白いニュースが多くていいねぇ。
堀江社長とか。
個人的に今回の事件で嫌いではなくなったので頑張って欲しいところですが。
宮内さんは切ってからねwww(と一度書いては見たものの宮内さんいなくなったら会社縮小していくのでは。相当腕のいい人いれないとなぁ。ミナミチョーセンオカネイパーイ疑惑とキタチョーセンマネーロンダリング疑惑かぁ…大作…無理かな)
金正日と日本赤軍の娘さんのことも忘れてほしくないんだけどねぇ。
堀江さんに偏りすぎだと思う今日この頃。
それより爆発事故で亡くなられた方の遺族こそ無念だよなぁ…


posted by 千景っちゅ☆ at 18:34| 広島 ☀| Comment(3) | TrackBack(2) | [この木何の木気になるNews] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月10日

モヒカニティ。hydeさんみたいでラヴ。

鉄器時代の男性、整髪料を使用していたことが判明
[ロンドン 7日 ロイター]
 アイルランドの泥炭湿地で、”保存状態が非常に良い”2人の先史時代の男性遺体が発見されたが、調査により判明した事実が関係者らを驚かせている。

1人の遺体は現代の整髪用ジェルの様なものを使用した痕跡があり、また他方は身長約2メートルで、今までに発見された鉄器時代の遺体の中で最も大きいものだという。

「彼は巨人のような存在だったでしょう。もう1人の方は身長約1メートル60センチと小柄ですからね」と、アイルランド国立博物館のネッド・ケリー氏は話している。

BBCラジオでケリー氏は、「背の低い方は自分を大きくみせようと、”ジェル”を使って頭髪をモヒカンのように立てていたと思われます。ジェルにはフランスから輸入された樹脂を使用していたようです」と説明した。

泥炭湿地での細菌のコンディションが良好だったため、発見された遺体は指紋さえ肉眼で確認できる状態だったという。

外見を意識してジェルを使っていた方は、「Clonycavan Man」と名付けられ、約2,300年前のアイルランド社会で輸入化粧品を購入できたことから、裕福な人物だったと考えられている。また、背の高い方は「Oldcroghan Man」と呼ばれている。

ケリー氏によると、この2人の男性は殺害されたという。

「『Oldcroghan Man』は、胸を刺されています。抵抗した際にできる防御創があるため、彼は襲ってくる人物を見ていたはずです。殺害された後、斬首されています」

またケリー氏は「Clonycavan Man」について、斧で頭を割られて殺され、内臓を取り出されている、と説明している。


いつの時代も男は身長なのか(´・ω・)カワイソス。
ちいさい方LinkPVのモヒカンハイドさん思い出して萌え。
それにしても2mは大きいなぁ。
小さいほうが豪族なら大きいのは私兵かなー。
でも大きすぎて小回りがきかず実は弱…みたいな。
部下がでかいために威厳もなにも無かったので身長張り合ってたとか。
うはwウキウキするw


ところで「フランスから輸入された樹脂」で髪を立てていたようですが、これは銭金でこの前やっていた「とある木の皮」を水につけると樹液がとけだしてネッチョリのアレだろうか…ウヘア
とりあえず似たような商品がないか探してみた。
天然樹脂のジェルとか。モヒカンとなるとこっちかなー。

うーん。商品になったものは生々しさが足りない。
っていうか楽天祭りのさなかに楽天リンクの俺ワロスorz
posted by 千景っちゅ☆ at 10:27| 広島 ☀| Comment(5) | TrackBack(1) | [この木何の木気になるNews] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月08日

罰金刑の判決にプッツン、焼身自殺

ハイこのタイトル。
ハン板に出入りしている人ならなんとなーくなんとなーく気づいたと思いますが…('A`)



[ソウル 4日 ロイター] 韓国の男性が公共の秩序を乱した罪で約3万5000円の罰金刑の判決を受けた後、裁判所内で焼身自殺を図り、重体になった。

ソウル北部ウィジョンブ(議政府)市の地方裁判所は、2004年に携帯電話売り場で新しい番号に変えろと主張し、騒ぎを起こした被告に罰金刑を下した当初の判決を支持した。

被告は判決後、裁判所から立ち去り、暖房用燃料を身体にかぶって、所内に戻り火をつけた。

治療に当たった同市の緊急救急室の医師によると、被告は全身に重度である3度の火傷を負いソウルの専門病院に搬送された。

「患者は生死の境をさまよっています」

裁判所内には少数の出席者がいたが、けが人は出ていない。



「日本では変えられると聞いたニダ。韓国で番号が変えられないのに日本で変えられるのはおかしいニダ。日本は悪い国ニダ!」
posted by 千景っちゅ☆ at 09:45| 広島 ☀| Comment(2) | TrackBack(1) | [この木何の木気になるNews] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月29日

雨の漢字はいったい何個あるのか?

季節もすっかり秋。朝には霧がかかり、そんな霧の中を散歩できるのも秋ならでは。秋といえば、天気も移り変わりが早く、その中で目にする現象も多い。霧や露、そして霜。
思えば天気に関する漢字には「雨かんむり」が多い。お寿司屋さんに行くと、「魚へん」の漢字がいっぱい書かれた湯呑みがあったりするが、部首が「雨」である漢字は果たしてどのくらいあるのだろうか?

さっそく家にある辞書を広げてみた。「雨」という漢字はもともと天の雲から水滴がしたたり落ちる形をかたどった象形文字。日本の常用漢字で部首が「雨」である漢字は、
「雨・雪・雲・雰・電・雷・零・需・震・霊・霜・霧・露」
の13個。数を聞くと意外に少ないと思ったが、まずまずなじみのある漢字がずらり。しかしこれ以外にも知っている漢字は数多い。天気の現象から見ても「雹(ひょう)」「霰(あられ)」「霙(みぞれ)」「靄(もや)」、その他でも「霞(かすみ)」「雫(しずく)」など、まだまだたくさんの漢字がありそうだ。

そこで、近くの図書館で大修館書店の『大漢和辞典』で調べてみた。すると、なんと362個の「雨」の漢字が載っていた! これはすごい。画数も「雨」の8画から始まり、最多画数は52画! その漢字は雷が4つで「びょう」という漢字である。

雷雷
雷雷
 ←コレ。
「いかづちの音」という意味を表す漢字であるそうだ。雷が4つもあるのだからよほど大きな音がしそうだ。

そもそも、漢字というのは中国から伝来したものだが、日本語や仏教語などで新たに作られた独自の漢字や、まだ辞書に載っていない漢字もあるというから、まだまだ種類はあるらしい。また、先に挙げた「雫」という漢字は、本来の意味は不明であり、水がしたたるという現在知られている意味は日本で創られたものだそうだ。こうして考えると、漢字一つ一つに考えた人の想いや歴史が詰まっているような気もしてくる。

自分の好きな漢字・言葉を改めて辞書で調べてみると、意外なことが分かるかもしれない。あなたもいかが?
(おむらいす) [ 2005年10月29日 00時00分 ]


出せるだけ出してみました。

雨雪雫雲雰電雹雷零需

霄震霆霈霊霍霓霎霑霏

霖霙霞霜霤霪霧霰靄儒

鱈樗嬬濡禰漏倆兩壜孀

孺懦擂霸櫺澪癨糯繧繻

罎膤臑艝蕾蠕襦轌轜霹

霽霾靄靆靈靂靉

文字化け杉orz

携帯アフィリエイト「モビル」
posted by 千景っちゅ☆ at 10:31| 広島 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | [この木何の木気になるNews] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月23日

日本でもノアの夢は見られるか。

仙台平野に千年以上前の巨大津波跡か 産業技術総研発見
asahi.com
http://www.asahi.com/national/update/1022/TKY200510220160.html

2005年10月22日11時34分

 仙台平野を襲った巨大津波の痕跡ではないかと見られる堆積(たいせき)物を、産業技術総合研究所(茨城県つくば市)の研究チームが確認した。広範囲に内陸数キロまで入り込む巨大津波の堆積物は、国内ではこれまで北海道太平洋岸で知られているだけだった。伝承が残るものの、実態がはっきりしない869年の津波の可能性があり、産総研は詳しい調査を始めた。

 産総研活断層研究センターの岡村行信チーム長らが21日、札幌市で開かれた日本地震学会で発表した。

 岡村さんらは、海岸線から約2キロ入った宮城県南部の水神沼(山元町)で、沼の泥の中に津波が運んだ海の砂と考えられる4層の堆積物を見つけた。最も厚く最も新しい10センチ程度の堆積物は、1300〜1000年前のもので、869年の津波堆積物と推定された。

 三陸海岸はたびたび津波被害を受けているが、仙台平野は比較的被害が少ない。しかし、869年には今の宮城県から茨城県にかけての地域を襲った津波で、仙台平野も大きな被害を受けたという記録が古文書などに残る。津波の痕跡があるとの報告もあったが、実態は分かっていなかった。

 石巻平野などでも、同時期のものとみられる津波堆積物が見つかった。

 海岸線から数キロの内陸に広範囲に残る津波堆積物は、巨大津波の痕跡とされる。北海道の太平洋岸で約500年おきに繰り返されてきたことが突き止められてから注目されるようになった。死者行方不明者3000人以上の1933年の三陸地震津波でもこうした堆積物は残されておらず、それを上回る規模と推定される。
posted by 千景っちゅ☆ at 00:01| 広島 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | [この木何の木気になるNews] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月20日

リマで1300年前の首なしミイラ


古いミイラ.jpg[リマ 20日 ロイター]

考古学者たちは、ペルーの首都リマで最古のミイラが発見された。研究者が19日に明らかにしたところによると、1300年前に生きていたワリ族の高官のものと見られる。

頭部のないミイラは9月、リマの遺跡ワカ・プクヤーナで発掘された。

ワカ・プクヤーナ博物館のイザベル・フロレス館長は「男性は首を切断されており、リマに侵入したワリ族に属しています」と語った。ワリ文化は、1530年代にスペインの征服者に滅ぼされるまでコロンビアからチリまでを支配したインカ文明に先立つものだ。

同館長は「ミイラの衣服から判断して、彼は部族の高官で衣服にくるまれ、植物繊維でできたロープで縛られて埋葬されたと考えています」と付け加えた。

ワリ族は、紀元600〜1000年の間、ペルーの中央アンデスと海岸部を征服した戦士社会で、高品質の繊維と陶器で知られている。

彼らはイチマスに取って代わられた。フロレス館長は、埋葬されてからしばらくたって、そのミイラの首を切断したのは彼らだと考えている。目的な長年、自分たちを支配してきた部族の痕跡を消し去るためだ。

「ワリ族に対する反逆行為です。今回の発見は現在のペルーの首都に住んでいた人々の情報を伝えてくれるのは確実です」と付け加えた。

ミイラは上着、トウモロコシやマメなどの食物とともに発見され、ペルー海岸地方の湿気のために保存状態はあまり良くなかった。乾燥した皮膚と骨はひどく欠落し、多くの靱帯が見えた。

ペルーでは近年、重要なミイラが何体か発掘されている。昨年2月、ペルー南部の学校の下から700年前のミイラが2体、建設作業員によって発見された。2002年にはリマ郊外のスラム街の地下でインカ時代の墓地が発掘され、数千体のミイラが発見された。


こういう話に萌えられる私って変なんでしょうかね。(´・ω・`)
いやあ、どきどきわくわく。
posted by 千景っちゅ☆ at 01:22| 広島 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | [この木何の木気になるNews] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月04日

アマゾンの密林で体長14メートルの巨大ワニの化石が発見される

[ 2005年09月04日 12時31分 ]

[ペルー 3日 ロイター] ペルーの探検家が、アマゾンのジャングル奥地で体長14メートルの「巨大ワニ(クロコダイル)」の化石を発見した。世界最大の熱帯雨林地帯であるこの地域はかつて大きな内海だった、という説を後押しする有力な発見となった。

探検隊はフランスのツールーズ大学、アパレル会社のドゥヴァンレイから資金提供を受け、12人の科学者が参加した。彼らはペルー北部のアマゾン盆地の地中で巨大ワニのものとみられる「あご」、「歯」の化石を発見した。

ペルー国立考古博物館の古生物研究のリーダーであるロドルフォ・サラス氏によると、この巨大ワニの体重は9トンで、頭部全長は1.3メートルと推測できるという。

「今回の発見は、かつてアマゾンがカリブ海に繋がる内海であったことを示す証拠の一つだ」とサラス氏はロイターに語った。さらに付近では巨大なアルマジロの化石も発見されたとのこと。

アンデス山脈は1,500万年前、南米大陸とナスカ・プレートのぶつかり合いにより隆起したとされ、西方に流れるアマゾン川をせき止めて内海を形成したと考えられている。

この巨大ワニの化石は、詳しい調査とクリーニングが行われた後にペルー国立考古博物館に展示される予定となっている。



…素敵…☆
なんてドリーム。



ところで「巨大」恐竜って、その存在自体がオーパーツ(=その時代にある筈の無いもの)なのを皆さん知っていらっしゃいますでしょうか。

どう考えても、その大きさだと骨の重量からして重すぎて筋肉が支えきれないのだそうですよ。筋肉もそれじたいが重すぎて筋肉を持ち上げることができない=指先程度しか動かせん。
当然内臓も内臓の重さ自体で内臓破裂、という。
神経も大きすぎて末端まで届かないので尻尾のあたりにもうひとつ脳(というか反射神経の瘤)があったのでは、という学説もあるし。

今いる哺乳類の大きさより大きいくらいが今の常識で考えられる実質的な大きさの限界なのだそうです。

だから出てきてる化石全部ありえないはずなんだけど、もううじゃうじゃ出て来すぎてて反論の余地もないからオーパーツと呼ばれないだけなんだってさ。
突然絶滅した謎も謎のままだしね。



それいったら地球の46億年という歴史の中で生物が爆発的進化をはじめてわずか6億年しか経っていない現実。
38億年前には海ができていたことを考えると、なんでそこまでゆっくりでそこから急激な進化がはじまるのか。フシギダネ。勿論生物が全くいなかった期間も長いんだけどさ。


そういえば最近、部屋を綺麗に保つ代償に「エホバの証人」(リンク先はエホバの証人Q&A)の方にも来てもらっているのですが。
なんか世界は6000年前に神によって創造されたそうですよ。
んなアホな。
ちなみに縄文杉も樹齢6000年です。あはははははははは。
彼らにかかればこれも証拠。

うーん、でもアレだなー…6000年前まで仮に火星が地球で何らかの理由で6000年前に火星から水や土を運んだとすれば巨大恐竜の説明もつくのかな。火星重力軽いしな。ドリーム。



こういう話を語りだすと止まらん。
楽しすぎる…楽しすぎるよ! 考古学!
posted by 千景っちゅ☆ at 01:05| 広島 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | [この木何の木気になるNews] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月13日

日本で猫がファックスをトイレ代わりにして発火

[ 2005年06月12日 03時56分 ]

[東京 10日 ロイター] 2匹の猫が間違えた場所で用を足したために発火事故に起こった。猫が、おしっこをファックスにかけたせいで出火したために、飼い主の家に被害が出てしまった。

神戸で1月に起こった出火の原因が調査されていたが、これは猫の尿がファックスの印字機構にしみこんで火花が起こったという結論に達した。

出火による損害は、台所とリビングルームで、住民によって火は消されたが、神戸長田区の消防署の大藪消防隊員によれば、住民は軽い気道熱傷を被ったという。

猫はとっさに逃げて安全だと隊員は付け加えた。

「猫でも犬でもペットを飼っている家庭は、ペットがおしっこをする場所に注意して欲しい。くれぐれも電気器具や電線のそばではさせないでください」と呼びかけている。




フォ━━━━━(・∀・)━━━━━!!!!! キタコレ!!
猫コワス。
むしろうちの実家が焼ければ良かったのに。←待て
猫四匹もいるんだからさー。
posted by 千景っちゅ☆ at 12:23| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | [この木何の木気になるNews] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月13日

流氷溶けて 春風吹いて ハマナス揺れる

北海道・宗谷岬沖に流氷 5月は異例、肉眼で確認


 北海道稚内市の宗谷岬などで12日朝、沖合に帯状の流氷が肉眼で確認された。札幌管区気象台によると、5月に流氷が見られるのは珍しい。4月以降、低温が続き、先週末の低気圧による北東からの強風で南下してきたらしい。

流氷は宗谷岬の北東約10キロに散在、流氷帯はロシア・サハリンまでつながっているという。岬から南西に約20キロ離れたJR稚内駅近くの稚内地方気象台からは確認できておらず、公式記録とはならない。

今後、さらに南下して海岸に近づくことも予想され、気象台は付近の船舶に注意を呼び掛けている。気象台から観測されれば、1965年に網走で観測した最も遅い記録の5月12日を塗り替えることになる。



すげぇなおい。

つか広島夏真っ盛りであついんだけど。日本コワス。
posted by 千景っちゅ☆ at 10:51| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | [この木何の木気になるNews] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月11日

[NEWS CLIP]考古学者がイギリス最古の靴を発見

saiko_kutsu.jpg[ 2005年05月11日 08時07分 ]


英国の考古学者が、英国最古のものと思われる靴を発見した。靴はいまから約2000年をさかのぼる鉄器時代初期のものとみられ、英国南西部の採石場で見つかった。

[ロンドン 10日 ロイター] 英国の考古学者が、英国最古のものと思われる靴を発見した。靴はいまから約2000年をさかのぼる鉄器時代初期のものとみられている。

靴は革でできており、長さは約30cm。現代の英国式サイズ10にあたり、したがって男性のものであると考えられる。南西イングランドの採石場で、くりぬかれた木の幹の中にあるのを発見された。

これを発見したエクセター考古学会の考古学者リチャード・ウッドゲートによれば、靴は非常に良い状態で保存されており、靴ひもの穴や縫い目を確認することができるという。

「これは英国最古の靴だと思われます。英国にとってはもちろん、ヨーロッパ全土にとっても意義のある発見です。なぜなら、革がモノとして認識できるだけの良い状態で保存されているのはめったにないことですから」ウッドゲートはロイターに語った。

靴が良い状態で保存されたのは、水がたまっていたおかげだとウッドゲートは言う。靴が発見された木の幹には人工的な細工がほどこされており、紀元前700年から紀元43年のものとみられている。

エクセター考古学会は以前にも近くにある紀元前1460年から1290年の青銅器時代の「工業用地」を発掘し、重要な発見を評価されていた。

これから専門家たちは、靴がいかにして作られたのかを分析し、どの動物の革なのかの特定にかかる。靴はそのあとでエクセターのロイヤルアルバート記念博物館に展示される予定だ。



考古学好き@千景です。
2000年前の靴が原型を留めているだけでも上出来だと思います。
しかし30cm…(汗) おまいさん一体身長何a?
水に浸かっててふやけたんでしょうか。
てか水に浸かってたら普通腐らないか?
2000年も木に水が溜まったままだったんか?

疑問は尽きませんが、とりあえずすげー。
できるなら現物拝んでみたいし靴の構造にも興味があります。

うはーワクワクテカテカ。
+   +
  ∧_∧  +
 (0・∀・)
 (0∪ ∪ +        
 と__)_) +


隠れ亭-ブログ
ここで面白いツッコミされてましたw 笑った。
posted by 千景っちゅ☆ at 12:38| 広島 | Comment(0) | TrackBack(0) | [この木何の木気になるNews] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。